本文へスキップ

小島資料館は幕末の資料研究書籍の発行や歴史の遺産を展示しています。最新ニュース新刊など

新着情報・FAQNEWS&FAQ

新着情報

2015年4月10日(金)
小島資料館最新情報が追加されました。
ADEAC上の小島資料館のページが4/10、正式公開となり、
小島資料館のURLが決まりました。
こちらをクリックしてください。
  • 新刊案内の件
  • .『梧山堂雑書14』 文久3年 小島日記研究会編       1冊 1600円(税込)送料1冊~2冊 200円
  • * 小島鹿之助の父角左衛門(政則)の日記で、嘉永3年から、慶応3年まで34冊の日記があります。『文久三年雑書上・下』を読み下し文形式で、1冊にして出 版しました。鹿之助の日記の3倍の分量があり、幕末の諸事件ほか新選組に関わる記事も含まれています。発行部数400部。 
  • kojishir@ceres.dti.ne.jp は廃止しました。 Bz540543@bz03.plala.or.jp へお願いします。

サポート情報(FAQ)

■開館日■
 毎月第1・3日曜日
 午後1時~5時
 ■特別開館■
団体の場合は3週間前までにお申込ください
■冬季休館■ 
  1月1日~2月末日
  ■入場料■
 中学生以上600 円
  小学生300円
(団体割引なし)